[PR]

 歌手のASKAが25日、フォークデュオ「CHAGE and ASKA」を脱退すると、公式サイトと公式ブログで発表した。この日はシングル「ひとり咲き」でデビューしてから40周年にあたる。

 公式サイトでは「2019年8月25日をもちまして、CHAGE and ASKAから脱退いたしますことをご報告させていただきます」として、「今後の活動を継続していく中で、CHAGE and ASKAというグループを維持していくことが最善の選択なのか、ASKA及びスタッフ一同で話し合った結果、デビュー日という本日をもちまして、CHAGE and ASKA からの脱退を選択することとなりました」としたうえで、「CHAGE and ASKAの復活を待ち望んで下さった皆様には、とても残念なお知らせとなってしまいました事、心よりお詫(わ)び申し上げます。今後は、ソロ活動に邁進(まいしん)していく所存でございます」などとしている。

 公式ブログでは、本人の言葉として脱退を発表。

 「相棒は、まだ『解散』を受け入れていません。ましてや、この『脱退』も受け入れられないでしょう」「手を替え、品を替えで、ただ延命するより、いっそ解体して、新しく積み上げることの方が建設的だと思うのです」などとつづっている。

 CHAGE and ASKAは1979年8月25日に「ひとり咲き」でデビュー。91年「SAY YES」、93年「YAH YAH YAH」などが大ヒットし、アジア各国でも人気を博した。2007年に上海を皮切りに日本各地でライブツアーを行った後、デビュー30周年の09年に無期限の活動停止を発表。13年に活動再開を発表してライブを予定していたが、ASKAに一過性脳虚血症の疑いがあり、静養が必要と診断されたとして中止になった。14年にASKAが覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた後は、活動休止の状態が続いていた。現在はASKAもChageもソロで活動している。

 ASKA本人の公式ブログでは24日にファンクラブ会員のみに脱退が伝えられ、25日に改めて一般向けに発表された。ブログの全文は次の通り。

     ◇

本日、「デビュー40周年」となります。

その「デビュー40周年」をもちまして、

私、「ASKA」は、「CHAGE and ASKA」から、脱退を表明いたします。

一部の音楽業界の方々、そして我々をよく知る仲間たちには、

すでに知られていた事実だったかと思います。

2009年2月、私たち「CHAGE and ASKA」は「無期限活動停止」を発表いたしました。

「解散」を決意した私が、当時のマネージメント会社から、半ば、説得されるような形になり、

「無期限活動停止」となりました。

「解散」にしても「無期限活動停止」にしても、

そう決断しなくてはならなくなった「理由」と、いうものがあります。

しかし、その「理由」は、片方だけが語ることではありません。

「もっと本音で、心から語り合うことができてたら」と思わざるを得ません。

私は社会から痛烈に非難を浴びる事件を起こしてしまいましたので、

本日の発表が、全て、それに結びつけられる立場にあります。

それでも構わないと思っています。

私が多くを語ってはならない。

私を応援してくださる会員「Fellows」の方々には、

昨夜、すでにお伝えしてあります。

「Fellows」には、業界関係者の方々もおられます。

本日、この時間まで「発表を控えてください」という約束を守っていただきましたことを、

深く感謝いたします。

私たち二人の間に「奇聞」となるような話はありません。

すっかり、環境が変わってしまった。

それにより、音楽活動が変色してしまいました。

世の中へは、これを理由にすることが、いちばん綺麗(きれい)でしょうね。

私は、今後の彼の活動を、嘘偽りなく応援します。

彼にも、同じような気持ちを持って欲しいかな。

中国の諺(ことわざ)に、

「長い旅をする二人には、やがて、いつか分かれ道が訪れる」

と、いうのがあります。

また、武士道には、

「守破離(しゅはり)」

と、いう言葉があります。

これは、師に教えを被(こうむ)る弟子が、独り立ちをするときに使います。

「守」

師の教えを守る

「破」

教えにより身についた基となるものからの脱皮。つまり、己を見出すために殻を破る。

「離」

師の元を離れ、我の進む道を行く。

私たちは「自分流」で、やってきましたので、明確に「師」となるものはありませんが、

お互いが「CHAGE and ASKA」という強靭(きょうじん)な傘の柄を掴(つか)みながら歩いてきました。

その活動による「気づき」がたくさんありました。

「教え」による「気づき」ではなく、

「気づき」が「教え」になったと言えるかもしれません。

そんな「教え」から離れて、個の道を行く時がきたのだと思っています。

今回の「脱退」を感じ取った彼から、彼の弁護士を通じて、

「できれば、ふたりで会いたい」

と、連絡がありました。

そうなんだ。ずっとそうだった・・・。

そんな大事な言葉さえ弁護士を通して伝えてきた・・・。

私の時間は、彼が思う時間よりも早く進んでいます。

この年齢になると、「時間は過ぎてゆく」ではなく「時間は消えてゆく」ですからね。

もう「脱退」のレールを敷いて、私たちは随分遠くを走っています。

今ここで立ち止まれば、「新たな出会いに」に、大きな迷惑をかけてしまうことになる。

お伝えいたします「話」が、長くなりますと、ただの「能書き」になってしまいますね。

理由は私たち二人だけが知っていればいい。

最後に、私は、

「守破離」の、後に「環」をつけていたいと思っています。

「守破離環」

いつか、一回りして、

「あの時のお前は大嫌いだった」

と、笑いながら話せる日が来ればいい。

相棒は、まだ「解散」を受け入れていません。

ましてや、この「脱退」も受け入れられないでしょう。

私にも受け入れられないことがあります。

「『CHAGE and ASKA』であれば、永遠にソロ活動でいい」

これは「解散」と、同じです。

「CHAGE and ASKA」の再始動を、ひたすら待ってくれている多くのファンの方々の気持ちを前にして、

私には、それはできません。

手を替え、品を替えで、ただ延命するより、いっそ解体して、

新しく積み上げることの方が建設的だと思うのです。

手を繋(つな)ぎ合った複合体は、どれだけ長く手を繋いでいられるかが重要ではありません。

手を繋いだ時に、何ができるかだと思うのです。

何もできない複合体であるならば、複合体の意味がありません。

私は、相棒の「電話番号」も「メールアドレス」も知りません。

彼の弁護士を通してしか、連絡の方法がありません。

もちろん共通の友人をたどれば、連絡することは可能でしょう。

しかし、それは違う。

本人の了解を得ずして、連絡はできません。

振り返れば、「CHAGE and ASKA」は、40年の活動の中で、誰にもできなかったことをやってきました。

これは、我らの勲章です。

私は、その勲章を首から外し、壁にかけ、

今後の音楽人生を歩んでいきたいと思っています。

その上で、お伝えしたいことは、

「オレは、別にアイツが嫌いなわけではないよ」

です。

長い文章になってしまいました。

私「ASKA」は、「2019/8/25 12:07」をもちまして、

活動40周年となります本日、「CHAGE and ASKA」からの「脱退」を表明いたします。

長文、お付き合いくださいましたことを感謝いたします。

ありがとうございました。

ASKA(2019/8/25 12:07)

Chageへ。(坂本真子)