[PR]

 イランで生活し始めて3年目になるが、いまだに現地通貨リアルの桁数の多さには慣れない。長年続くインフレでただでさえゼロが多くなっているうえ、トランプ米政権による経済制裁の影響で通貨価値が急落し、日本円に計算するのに苦労する。実勢レートで1年半前は約200円だった10万リアルは今は約90円だから、買い物が大変だ。

 さらに問題なのが、10リアルが「1トマン」という名称で呼ばれていることだ。イラン人はトマンを好んで使う。このため、スーパーなどでは価格表示がトマンだったりリアルだったりして、ペルシャ語表記の値段表が読めない外国人を悩ませている。

 だが、8月に「朗報」が舞い込んだ。ロハニ政権が通貨単位をトマンにして、ゼロを四つ減らす法案を国会に提出したのだ。可決されれば、トマンかリアルかなどを気にしなくて済む可能性が出てきた。

 そんなことを考えながら、タク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース