[PR]

 原爆が投下されるまで平和記念公園一帯にはどんな町や暮らしがあったのか――。元住民らが語った当時の様子をまとめた冊子「証言 そこに子どもたちの遊んだ町があった」が刊行された。生き生きとした暮らしを記すことで、一瞬でその日常を破壊した原爆の恐ろしさを伝えている。

 刊行したのは、市民団体「ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会」。元住民の話を聞き、自宅があった場所などを歩く活動を2003年から行っており、証言集は9冊目。今回は再掲を含め、公園に自宅があった旧中島地区の元住民ら10人の聞き書きなどを、多くの写真と紹介している。

 吉川正俊さん(83)は、歌手吉川晃司さんの父。生家は旧中島本町にあった吉川旅館で、兵隊が出征前の宴会をよく開いていたという。子どもの頃に馬車にしがみついて学校に行ったことや、相生橋付近でシジミをとり、元安川を横断して遊んだことなどを振り返った。「むちゃくちゃいたずらっ子でしたね」

 いまの平和記念資料館本館北側…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら