[PR]

 防衛省が計画する佐賀空港(佐賀市)への陸上自衛隊の輸送機オスプレイ配備を、佐賀県の山口祥義知事が受け入れる考えを示してから、24日で1年がたった。配備の前提となる新駐屯地建設に必要な土地は、地元漁師らが所有。同省はカギを握る漁協への説明を始めたが懸念は解消されておらず、同意を得られる見通しは立っていない。

 佐賀市の県有明海漁協本所で9日、知事の受け入れ表明後初となる同省による説明会が開かれた。土本英樹・大臣官房審議官は、漁協と15支所の幹部ら約50人を前に「配備を何としても実現したい」と訴えた。

 計画では、有明海沿岸にある空港西側の農地など約90ヘクタールの一部を買収して新駐屯地を建設し、オスプレイ17機などを置く。地権者は漁協組合員の漁師ら500人以上。新駐屯地の広さは33ヘクタールだが、それでも多数の地権者との交渉が必要となる。土本審議官は「用地取得の範囲は皆さんとよく相談して決めたい」と説明した。

 関係者によると、説明会では報…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら