[PR]

 ネーム印を手がけるシヤチハタ(名古屋市)が、人の手や腕に押すことを想定した携行式の「迷惑行為防止スタンプ」を27日から試験販売する。痴漢対策にハンコが有効、というツイッター上の提案を踏まえ、5月に開発を宣言していた。

 印面は直径9ミリで手のひらマーク。ふたをとらずに押せ、混み合う電車内などで素早く使える。紫外線に反応する特殊インクを使用。押すだけでは無色だが、ブラックライトをあてると印影が蛍光発色する。押し間違いやいたずらも想定し、自然光だけではわからないように工夫した。インクは洗い落とせる。税抜き2500円。

 抑止力や実用性を試すための試験販売で、限定500個。ブラックライトやストラップ付きで、27日午後1時から「シヤチハタ アンテナショップ」(https://www.shachihata.jp/別ウインドウで開きます)で扱う。「本来はない方が良い商品」(広報)という位置づけで、利用者の声を元に改良を加える。

 ツイッター上では5月、「痴漢…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら