[PR]

 世界最大級の原発集中立地点として知られる東京電力柏崎刈羽原発について、同社が26日、初めて公式に「廃炉」に言及した。時期や基数はあやふやだが、廃炉計画の提示を求めてきた地元・柏崎市長は一定の評価をした。ただ、距離を置く県は冷ややかで、脱原発を求める市民らは反発している。(渥美好司、高木真也)

柏崎市、新たに2点要望

 「合格点ではないが、落第点でもない」。柏崎市の桜井雅浩市長は26日、東電の小早川智明社長が示した廃炉計画報告書に関する感想を、そう語った。

 桜井市長が全7基のうち1~5…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら