[PR]

 秋田県大館市が新たに飼育する秋田犬2頭の名前が「誉(ほまれ)」と「翔和(とわ)」に決まった。7月に着任した地域おこし協力隊の2人が10月下旬から1頭ずつ飼育する。人への慣れ具合を見ながら大館駅前の観光交流施設「秋田犬の里」での公開の時期を決める。

 名前は今月1日から15日まで一般公募。市職員や地域おこし協力隊員ら8人でつくる選考会議が241件の応募作から選んだ。

 2頭は今年の6月26日に生まれた姉妹。虎毛の「誉」は「誉れ高き秋田犬らしい強さと美しさを兼ね備え、活躍してほしい」、白毛の「翔和」は翔(と)ぶ(活躍する)と平和や令和の和を組み合わせて「永遠のとわと同じ発音で、長く活躍してほしい」という願いがそれぞれ込められた。

 これまで展示された「飛鳥」と「あこ」は、今月いっぱいで退任する飼い主の地域おこし協力隊員と暮らす。市が飼育する秋田犬は「勝大」と「おもち」に「誉」と「翔和」が加わり4頭で変わらない。(加賀谷直人)