[PR]

 自民党竹下派(平成研究会、53人)の研修会が25~26日、長野県軽井沢町であった。かつて権勢をふるった同派も昨秋の党総裁選では結束が乱れ、竹下亘会長は病気療養が続く。吉田博美・前党参院幹事長も引退し、派内では主導権争いの火花が散る。

 25日の研修会には約40人が参加。インターネット選挙のあり方などについて勉強した。幹部あいさつでは竹下氏に代わり、前会長の額賀福志郎・元財務相が「9月は党内の人事、内閣改造があると言われている。平成研の存在感を示したい」と呼びかけた。

 竹下派の源流は1987年に当…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら