• アピタル

チャイルドロックが裏目か 車内「閉じ込め」で女児死亡

有料会員記事

藤原慎一 福島慎吾
[PR]

 那覇市で24日、車の中で倒れていた3歳の女児が、熱中症で亡くなった。車の後部座席のドアには、子どもが中から開けることができない「チャイルドロック」がかかっていた。子どもを守る仕組みが、車内への「閉じ込め」を招いた可能性がある。

 24日午後2時ごろ、那覇市の住宅敷地内に止めていた乗用車の後部座席で、この家に住む女児(3)が横向きに倒れているのを母親が見つけた。女児は正午前から姿が見えなくなっており、見つけた母親が病院へ搬送したが、間もなく死亡が確認された。沖縄県警は25日、死因は熱中症だったと発表した。

 県警によると、車の後部座席はスライド式のドアで、両側ともチャイルドロックがかかり、内側から開けられないようになっていた。車のカギはボタンでドアを開閉する方式で、後部座席から見つかった。運転席と助手席のドアは施錠されていない状態だったという。これらの状況から県警は、女児がカギで後部座席のドアを開けて乗り込み、外に出られなくなったとみている。

 24日の那覇市の最高気温は32・2度。日本自動車連盟(JAF)の実験では、外気温が35度の場合、正午からの2時間で車内の温度は50度近くまで上がる。女児が車内に閉じ込められた時間帯も、高温になっていたとみられる。

 車のカギは女児が持ち出した…

この記事は有料会員記事です。残り636文字有料会員になると続きをお読みいただけます。