[PR]

 仏南西部ビアリッツでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)が26日、閉幕した。従来出してきた、詳細な文言調整の上での首脳宣言を出すのは見送り、合意できた内容を簡潔にまとめた文書を採択した。一連の会議終了後、議長のマクロン仏大統領とトランプ米大統領がそろって会見。緊迫するイラン情勢について、マクロン氏は「トランプ氏とイランのロハニ大統領が会談する環境を作ることができた」と述べ、今後数週間で会談が実現することに期待感を表明した。

 トランプ氏は「適切な条件がそろえば、ロハニ師と会うだろう」と応じたが、「彼らは良いプレイヤーでなければならない」と条件をつけた。イランの指導者交代は求めないが、弾道ミサイルの開発をしないよう要求した。

 G7では初日の24日に、イランに核保有をさせないことで一致。マクロン氏は25日に急きょイランのザリフ外相をビアリッツに招き、状況を打開する道筋について協議していた。

 マクロン氏は会見で、会議を総括する1ページの文書をまとめたことも明らかにした。タイトルは「首脳宣言」だが、交渉関係者によると、テーマ別に合意内容を簡潔に並べたもので、多数の項目を詳細に記した従来のものとは異なっており、今回の合意形成の困難さを映している。

 3日間の会議では、サミット直…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら