囲碁名人戦、張栩名人が逆転勝利「途中はっきり駄目と」

有料会員記事

大出公二、村上耕司、渡義人
張栩名人が先勝【第44期囲碁名人戦第1局】
[PR]

 円熟の連覇か、初の10代名人誕生か――。張栩名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑戦する第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第1局が27日午前9時から、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開かれた。

 張名人が連覇すれば通算6期目の名人位獲得、芝野八段は井山裕太・現四冠もなしえなかった初の10代名人誕生がかかる。シリーズの行方を占う重要な一番だった。

囲碁名人戦第1局は、張栩名人が逆転で勝利しました。両対局者の一問一答や、山下敬吾九段の解説動画などを交えて、第1局2日目を詳しくお伝えします。

張栩名人の一問一答

――本局を振り返っていかがでしたか。

 序盤から苦しい局面が多く…

この記事は有料会員記事です。残り4935文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら