拡大する写真・図版 ブリキ製の私書箱に収められ、漂流を続ける郵便物=香川県三豊市、小杉豊和撮影

[PR]

 遠いところに行ったあなたへ。5年後の私へ。届け先のない手紙を預かる郵便局が、瀬戸内海に浮かぶ島にある。

 「もう一度、顔が見たい」。水難事故で息子を亡くした母親は、こうつづる。「じいじ」は、「かわいらしいちゅうがくせいをみると、まぁちゃんをおもいます」とひらがなで呼びかける。広島カープのファンだった「お父ちゃん」にと、優勝を伝える新聞記事をぎゅうぎゅうに詰めた封筒もある。

 香川県三豊市の離島、粟島にある「漂流郵便局」。伝えたい思いがあるけれど、どこに送ればいいか分からない。そんな宛先のないはがきや手紙を預かり、展示している。

 1991年までは粟島郵便局と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら