10月、東京で大規模な交通規制 天皇陛下即位の行事で

[PR]

 大勢の外国要人を招いて天皇陛下の即位を宣言する「即位礼正殿の儀」など10月の一連の行事に合わせ、警視庁は東京都心で大規模な交通規制を行うと26日発表した。中央環状線より内側の首都高を通行止めにするなどの内容で、本番に向け詳細を詰めるという。

 10月22日に即位礼正殿の儀と即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」、翌23日には晩餐(ばんさん)会が、いずれも皇居と周辺で予定される。前回代替わり時に来日した160の国・機関を上回る規模で要人が都心に滞在することが見込まれている。

 同22、23日は首都高の都心環状線や、中央環状線より内側の一部を除く路線で大半を通行止めにし、一般道も皇居のほか、新宿や渋谷など要人滞在先の周辺で規制を実施。祝賀御列の儀の前後には、皇居から赤坂御所に向かう約4・6キロのコース周辺を全面通行止めにするという。

 警視庁は「期間中は交通渋滞が予想されるため、車両の乗り入れは控えてほしい」と呼びかけている。