[PR]

 日本人で初めて米プロ・バスケットボールNBAから1巡目指名された八村塁選手(21)は、最年少ながら日本代表を引っ張る。来年の東京五輪での活躍も期待される。世界へ飛躍する原点は、仙台・明成高での3年間にある。恩師や同級生の証言でたどる。

 彼はチームを一つの「ファミリー」と考えていて、みんなのよいところを引き出せる。米国でも仲間を「ファミリー」と表現していた。

 バスケットボール部の佐藤久夫監督(69)は、そう振り返る。家族への感謝の気持ちも人一倍だった。高校3年の送別会で八村選手が号泣しながら母親とハグするのを見て納得したという。「彼がつらいときはいつも家族が支えてくれたんだろうと思った」

 2年生の全国高校選抜優勝大会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら