[PR]

 第66回日本伝統工芸展(日本工芸会、朝日新聞社など主催)で県内から日本工芸会会長賞を受けた高岡市の般若泰樹さん(47)=金工=、日本工芸会奨励賞を受けた南砺市の長岡達雄さん(79)=諸工芸=を紹介する。

常識にとらわれず挑戦 日本工芸会会長賞 般若泰樹さん(47)

 鋳金家の般若泰樹さん(47)は、1870年創業の「般若鋳造所」(高岡市長慶寺)で父、保さん(78)らと鉄瓶や茶道具を作る。1千度以上に溶かした銅や真鍮(しんちゅう)を鋳型に流し込んで作品を作り上げる。入賞について「新しいものを作ろうとした結果かな」とはにかむ。

 10代の頃は父の仕事を継ぐつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら