[PR]

 大阪府枚方市長選は1日投開票され、現職の伏見隆氏(51)=大阪維新の会公認=が、無所属で新顔の大橋智洋氏(40)=自民党推薦=を破り、再選を果たした。投票率は36・90%(前回38・70%)、当日有権者数は33万2165人。

 当選確実の知らせを受け、伏見氏は支持者らの拍手に包まれつつ事務所に姿を現した。深々とお辞儀をした後、「今回初めて選挙で、4年間の市政に信任をいただいた。これからも市の改革、成長のために全力で取り組みたい」と抱負を語った。

 大橋氏は、第2子以降の保育料無償化など、伏見氏が1期目に掲げた子育てに関する重要公約は「実現していない」として現市政を批判し、待機児童の完全解消などを訴えた。連合大阪や国民民主党などからも支援を受けたが、及ばなかった。(森下裕介)