[PR]

 テニスの4大大会最終戦、全米オープンは26日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕し、男子シングルス1回戦で昨年ベスト4の第7シード、錦織圭(日清食品)は世界ランキング205位のマルコ・トルンヘリティ(アルゼンチン)と対戦、6―1、4―1とリードした第2セット途中で相手が途中棄権したため、2回戦進出を決めた。錦織は全米は通算10回目の出場。過去、奇数年の大会はけがによる欠場が2度あり、出場した3大会もすべて1回戦敗退に終わっており、今回が初勝利となった。