[PR]

 「贈収賄」の現場を見た。バングラデシュの警察署で、ロヒンギャ難民をめぐる犯罪の取材をしていた時のことだ。

 署長室に案内されて30分ほど待っていると、署員が頻繁に出入りして捜査状況などを報告している。記者の前でも、お構いなしだ。地元住民とみられる人々も次々と入ってきて、相談や陳情をする。

 住民とみられる男性が札束を署長に渡そうとした。手元を机の下で隠そうとしていたが、丸見えだ。署長は私をちらっと見て、受け取らなかった。続いて訪れた母娘は自分の携帯電話を見せながら、署長と真剣に話し込む。この国では配偶者以外との性的関係を罰する姦通(かんつう)罪があり、不倫がばれた娘が母親とともに、捜査への手心を頼みに来たのだという。現金を渡そうとした母親に署長は「適切な渡し方がある」と言って、携帯でのネット送金を指示した。

 バングラデシュは国際NGOに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース