[PR]

 スイスのジュネーブで開かれているワシントン条約締約国会議の委員会は26日、日本でもペットとして人気が高まっているコツメカワウソの商業目的での輸出入を禁止する議案を採択した。28日の会期末までに開かれる全体会議で正式決定される見通し。

 環境省によると、正式決定を受けて「種の保存法」の施行令を改正し、11月にも「国際希少野生動植物種」に指定する。指定後は国内での譲り渡しなどにも登録票が必要となる。

 絶滅のおそれがある動植物の国際取引を規制するワシントン条約で、コツメカワウソは、商業目的での取引が一部可能な「付属書2」に分類されている。今回、フィリピンなどが学術目的などでの取引しか認めない「付属書1」への移行を提案し、採択された。委員会は、ビロードカワウソについても25日に付属書1への移行を採択した。日本は二つの提案に反対した。

 コツメカワウソは最も小さいカワウソで、体長50センチほどで東南アジアなどに生息。ネットメディアで紹介されて人気を集め、近年は日本で「カワウソカフェ」もできている。環境省などは日本国内に1986年以降、約300頭が輸入された記録があるとしている。

 自然保護団体はブームを背景に密輸が横行し、日本で高値で取引されていると指摘。個体数減につながっていると批判していた。今年1月には、タイから5匹を密輸しようとしたとして、警視庁が男2人を関税法違反の疑いで逮捕した。(ローマ=河原田慎一、松尾一郎)