[PR]

 北朝鮮が数百人のIT専門家を国外に派遣し、1人当たり月に3千~5千ドル(31万5千円~52万5千円)の外貨を得ていると、国連安全保障理事会の専門家パネルが指摘していることがわかった。パネルは安保理に、制裁違反の報告や勧告を行う役目を担っており、これらの内容を含む報告書は安保理の承認を受けた後、9月上旬にも公表される見通しだ。

 安保理は8月29日、パネルの報告書を非公開で協議した。協議後に取材に応じた赤道ギニアのドン・ンバ国連大使は「(報告書に)明確に反対した国はなく、ほぼ全ての国がその内容を歓迎した」と述べた。

 朝日新聞が入手した報告書によ…

この記事は有料会員記事です。残り585文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り585文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り585文字有料会員になると続きをお読みいただけます。