[PR]

 今夏の参院選で当選した2人が国内外から注目を集めています。「れいわ新選組」の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦さん(61)と、脳性まひなどがある木村英子さん(54)。重い障害がある国会議員の誕生は、「障害者と政治」について私たちがどう考えるのかを改めて問いかけています。

 貧困や労働問題などに詳しく、「れいわ」の選挙に関わり候補者擁立の舞台裏も知る作家の雨宮処凛さん(44)に、舩後さん、木村さんの躍進の背景などについて聞きました。

     ◇

――今回の選挙に関わることになったきっかけは?

 「れいわ新選組」代表の山本太郎さんとは彼が衆院選に立候補した2012年末の少し前、脱原発のイベントで知り合いました。「3・11」後の政治には、脱原発を明確に掲げて国会で訴える人が不可欠という思いや、「同世代の活動家」という親近感もあって選挙を応援しました。13年の参院選の当選後も、貧困問題の専門家を紹介したり炊き出しの現場を案内したりしてきました。

――2人が当選すると思っていましたか?

 当選するどころか、立候補も難しいだろうと思っていました。6月半ば、ALS患者を支援する友人とご飯を食べることになり、太郎さんが同席したいと。その時、友人から舩後さんという方がいると聞き、紹介してもらいました。

 太郎さんと舩後さんの自宅におじゃますると、舩後さんは、ベッドに横たわっていました。人工呼吸器をつけ、声は出せない。介助者が文字盤のひらがなを指さし、目の下の筋肉を動かして意思を伝える舩後さんに「国会で一緒にやりませんか」と太郎さんが熱く語りかけた時は、空気を読まないのもここまでくれば芸術だなと(笑い)。

 私は、無理だろうと思いました…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら