[PR]

日曜に想う

 冷戦体制が終わりを迎えた30年前、独裁政権が崩壊しつつある東欧の国々で奇妙な経験をした。たとえばタクシーの運賃を米国のたばこマールボロで払うことができた。短い距離なら1箱、遠いと1カートンという具合。

 人々はもはや自国通貨を信用せず米ドルやドイツマルクを求めた。その補完としてマールボロも通貨になっていた。

 「通貨は、明日も明後日も使え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら