[PR]

 暴力など夫のドメスティックバイオレンス(DV)が原因で離婚した浜松市中区の女性の新しい住所が分かる書類を、市幼児教育・保育課が3月、誤って元夫に送付していたことがわかった。女性はこれにより転居を余儀なくされたなどとして市に損害賠償を請求。市は27日の市議会厚生保健委員会で、女性に63万円余りの和解金を支払ったことを報告した。

 同課によると、送付書類は保育所に通う子どもの教材費に関するもの。女性が子どもの入園手続きをした際には旧住所で行い、その後転居したが、書類送付の際は保育システムの中の旧住所を印字したデータを使ってしまったという。書類には女性の新住所が分かる資料も含まれており、女性は元夫から再び暴力を受けることを恐れ、転居したという。

 同課は女性に謝罪するとともに5月に和解し、63万6千円を支払った。今後、DV関連や児童相談所関連など秘匿性が高い書類については手渡しで行うことやチェック機能の強化、職員への研修実施など再発防止に努めるという。(菅尾保)