[PR]

 大阪府と大阪市は27日、府と市で別々に管理している大阪湾の9港の管理を一元化する「府市港湾局」を設置する方針を明らかにした。運営を効率化し、国際競争力を高める狙い。今秋の府と市の両議会に関連議案を提出し、2020年10月の業務開始をめざす。

 この日、府庁で開かれた府と市、堺市の成長戦略などを協議する副首都推進本部会議で発表した。

 現在は大阪市が大阪港、府が堺泉北港、阪南港など計8港を管理している。組織を一元化することで、効率的な人員配置や防災機能の強化、許認可申請窓口の共通化に取り組めるとしている。

 港湾の一元管理は、橋下徹・元…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら