[PR]

 トランプ政権による移民の子どもを無制限に拘束する方針に反対し、カリフォルニアなど19の州などが26日、差し止めを求め同州内の連邦地裁に提訴した。同州の司法長官は「取り返しのつかない害悪から子どもたちを守りたい」としている。

 米国では、中米を中心にメキシコ国境を越えてやってくる非正規の移民の家族が急増し、社会問題になっている。これまでは、親に連れられてきた非正規移民の子どもが拘束されるのは最大20日までという取り決めがあった。しかし、国土安全保障省は21日、10月からこれを撤廃し、無期限で拘束できるようにする方針を発表。子連れでの越境をとどまらせようとする狙いがあるとみられる。(ワシントン=香取啓介)