[PR]

 アイドルグループ「AKB48」の最新シングルのミュージックビデオ(MV)ロケが、北海道上川町や旭川市で行われ、地元で話題となっている。

 先月公開された最新シングル「サステナブル」のMVでは、大雪山のふもと、上川町・旭ケ丘の草原でメンバーが踊るメインシーンが撮影された。また、MV中のドラマシーンでは、旭川市の平和通買物公園、上富良野町のフラワーランドかみふらの、増毛町の旧増毛小学校もロケ地として使われている。AKBとしては初の北海道でのMV撮影という。

 ロケ地選定について、高橋栄樹・MV監督は「『これぞアイドルMV』と言える王道シチュエーション、草原、どこまでも続く一本道、お花畑、懐かしい学校などを求めて選んだ」と説明。「見渡す限り緑の草原で撮ったダンスシーンは清涼感にあふれていると思います」とコメントしている。

 ロケ地となった上川町の産業経済課は「旭ケ丘は大雪森のガーデンがあり、CMロケでも使われるが、まだまだ一般に知られていないエリア。このMVを通し、多くの人に興味を持ってもらえたらうれしい」という。MVは、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で見ることができる。シングル発売は9月18日。(本田大次郎)