[PR]

 プロ野球の12球団で唯一、DeNAには「チーム付英語教師」という役職がある。外国人選手とのやり取りを円滑にするなど、球団スタッフの英語力を高めるため、2018年から置かれた。

 平川ブライアンさん(44)。昨年2月の春季キャンプからチームに同行し、空いている時間には1回につき30~45分間、球団スタッフと英会話を重ねてきた。練習も手伝い、選手ともコミュニケーションを図っている。

 米カリフォルニア州出身。1998年に現地の大学を卒業した後、初来日した。横浜を訪れると、人々が街中に設置されたテレビを夢中で見ていた光景が、印象に残った。この年、ベイスターズは38年ぶりのリーグ優勝と日本一を達成。テレビには躍動する選手たちが映っていたのだ。

 一度帰国し、高校で数学を教えた後、再来日した。球団が英語教師を募集しているのを日本人の妻が見つけ、応募した。「大学までは、ずっとサッカーをやっていたんだけど」。それでも迷いはなかった。

 英語を習得する上で、最初に大事なのは「聞き取り」と言う。「生まれたばかりの子どもが言葉を覚えるのは、親の言葉を聞いているから。話すことに集中すると、会話がつながらない」

 就任2年目の今季は「ネイティブの速さでも、80%ぐらいは理解できるようになってきた」と手応えを感じている。大リーグ・ダイヤモンドバックスと提携するなど、「国際化」をめざすDeNA。その種をまいている。(井上翔太)