[PR]

 第161回芥川賞(7月発表)で候補作の一つだった社会学者の古市憲寿さんの小説「百の夜は跳ねて」が、同賞選考委員の厳しい評価にさらされた。別の作家の小説を参考にした手法をめぐっての批判だが、なかには肯定的にとらえた選考委員もいた。文学の独自性や創作手法について考える契機になりそうだ。

 テレビのコメンテーターなどでも活躍する古市さんは今回が2度目の候補だった。「百の夜は跳ねて」は高層ビルの窓ガラスを清掃する青年が主人公。文末に参考文献の一つとして、窓拭き職人らを描いた木村友祐さんの小説「天空の絵描きたち」があった。木村さんの作品は文芸誌「文学界」の2012年10月号の掲載で、単行本化はされていない。芥川賞の候補にもならなかった。

 今月10日に発売された月刊総合誌「文芸春秋」9月号に、芥川賞の選考委員による選評が掲載された。そこで古市さんの作品について厳しい言葉が並んだ。

 山田詠美さんは「小説の参考文…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら