[PR]

 窃盗容疑で現行犯逮捕された後、入院先の東京警察病院(東京都中野区)から逃走した韓国籍の住所不詳、無職金沅基容疑者(64)について、警視庁は27日、指名手配していた同じ窃盗容疑などで逮捕し、発表した。逃走から10日目の同日、「疲れた」と自ら都内で出頭。当初と違う服装で、さらに数着を所持していたといい、同庁は見つからないよう着替えを繰り返していたとみている。

 捜査3課によると、金容疑者は13日、中野区のすし店に侵入し8万円を盗んだ疑いがある。店長に取り押さえられる際、転倒して負傷。いったん釈放され同病院に入院したが、18日午前6時45分ごろ姿を消した。

 捜査関係者によると、金容疑者は近くのバス停からバスとタクシーを乗り継いで東京都練馬区の知人のもとへ。同日夜に知人の車で川崎市に移動してカプセルホテルに泊まり、名古屋駅までの乗車券を購入した。この頃、名古屋市内の薬局で窃盗事件があり、防犯カメラに似た男が映っていたという。

 同課によると、金容疑者は27日午前9時ごろ、中野署に「疲れたので出頭したいが、(報道機関の)カメラが多くて恥ずかしくて行けない」と電話。約1時間後に再び電話で、東京都新宿区内のバス停を指定して迎えに来るよう求め、捜査員が駆けつけると、逃走時と異なる色のTシャツとハーフパンツ姿で1人で立っていた。持っていたポリ袋に衣類を入れ、所持金は約1万2千円だったという。