• アピタル

認知症の苦労かき鳴らす 幻視もネタにギターで横須賀で

有料記事

編集委員・清川卓史
[PR]

 地元・横須賀(神奈川県)の仲間内では、本名よりも「kenG(ケンジー)」というニックネームで通っています。松浦謙一さん(64)。レビー小体型認知症と2年前に診断されました。認知症のことは、ギターを手にして、「笑い」とともに語る。それがkenGの流儀です。

認知症とともに 本人の思い:13

認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、随時配信します。

 〈うつ病、そして双極性障害と診断されたのは18年前。その後パーキンソン病の診断も重なった。その頃から認知症が疑われる症状も出始めた。手指のふるえなどで仕事に支障がでて、51歳で退職、自宅にひきこもる日々が長く続いた〉

 気力が低下して、すべてが面倒くさくなりました。空腹感もなく、コーヒーと焼酎しか口にしない日も。頭を使いたくなくて、ストーリーが単純な時代劇ばかり見ていました。一番ひどいときは、ほんの数十メートルしか歩けなくなりました。

 〈「鉄の殻に閉じこもったような生活」(妻えり子さん)を脱したきっかけは、沖縄旅行のお土産に買った三線(さんしん)だった。5年前のことだ〉

 部屋に置きっぱなしにしてい…

この記事は有料記事です。残り1257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!