[PR]

 日本人と外国人の間に生まれた「ハーフ」と呼ばれる人たち120人の写真と、彼らが持つ疑問をまとめた写真集が出版された。撮影した日系ベルギー人の男性は「日本人、ハーフ、外国人それぞれの多様さを考えるきっかけになれば」と期待する。

 撮影をしたのは日本人の父とベルギー人の母を持つミヤザキ・テツローさん(41、オランダ在住)。幼少期から「どこの国の人?」などと聞かれ、自身の出生や帰属意識を考えることが多かったという。

 2016年に長女が生まれたのを機に、「他のハーフがアイデンティティーをどう捉えているのか知りたい」と取材と撮影を開始した。クラウドファンディングで活動資金を募りながら、日本国内やベルギー、米国などで撮影し写真集「H●(aの上に-)fu2H●(aの上に-)fu」としてまとめ今年4月に出版した。

 写真集は全152ページで、日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら