[PR]

 トランプ米大統領は、フランスで行われた主要7カ国首脳会議(G7サミット)の際に開いた26日の記者会見で、メラニア夫人が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長と「知り合いだ」と語った。実際はメラニア夫人は正恩氏と会ったことがなく、トランプ氏の勘違いだったようだ。

 トランプ氏は会見で「私は金正恩氏を極めてよく知っている」と述べた。続けて「ファーストレディー(メラニア夫人)も金正恩氏と知り合いになった。彼女も賛同してくれると思うが、正恩氏の国はとてつもない潜在力を秘めている」などと語った。

 トランプ氏は正恩氏との緊密さを強調したかったようだが、両氏のこれまでの3度の会談に、メラニア夫人が同席したことは一度もない。このため、ホワイトハウスのグリシャム報道官は同日、「大統領は、金委員長との緊密な関係の詳細など多くのことを夫人に打ち明けている。夫人は委員長と会ったことがないが、大統領は夫人も知り合いであるかのように感じている」と釈明した。(ワシントン=土佐茂生)