[PR]

 28日午前8時20分ごろ、静岡県三島市徳倉2丁目で竜巻とみられる強い突風があった。市危機管理課によると、住宅の屋根が飛んだり車数台が横転したりするなどの被害が出たという。

 三島消防署によると、30代の女性が自宅で足の裏を割れた窓ガラスで切り、病院に運ばれた。市内の他の地区からも突風による被害の情報が寄せられているという。県によると、このほか1人が軽乗用車の横転により負傷したという。

 また、同市文教町2丁目の日大三島中・高では敷地内のテニスコートのトタン屋根の一部が突風で飛ばされた。日大国際関係学部の説明では、生徒らがけがをしたとの情報はないという。

 気象庁は、静岡県東部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられると同日午前9時に発表した。今後も激しい突風が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけた。

 同市徳倉2丁目の被害現場近くに住む男性は取材に、「午前8時ごろ、外を見ていたら黒い低い雲が接近し、どんどん近づいてきたと思ったら、色々なものが巻き上げられ始めた」と話した。「自宅に飛んできた瓦がぶつかってとても怖かった」という。