[PR]

 名古屋の大須商店街に、若者らをターゲットにした新商業施設「マルチナボックス」がオープンした。「SNS映え」を意識した綿あめ店などの8店舗が、10月中旬までに順次営業を始める予定。大須の新たな人気スポットになるのか注目されそうだ。

 東京で人気のタピオカドリンク専門店「辰杏珠(しんあんじゅ)」やカラフルな綿あめを売る「トッティ キャンディ ファクトリー」のほかに、長いものでは50センチあるポテトフライが人気の「ロング ロンガー ロンゲスト」など「インスタ映え」する商品を扱う飲食店が入る。現在は「辰杏珠」だけが営業しているが、ほかの店も順次オープンする。

 マルチナボックスは、老朽化のため解体された名古屋市営の「中公設市場」(1918年設置)跡地に建てられた。建物の運営は矢作建設工業(名古屋市)子会社の矢作地所が担う。(石塚大樹)