[PR]

 韓国南東部の慶州市で28日まで開かれていた国際少年サッカー大会で、日本のチームが地元の市民から「飛び込み」の応援を受けた。日韓関係が悪化する中での出来事に、チームは「驚いたが、子どもたちも喜んでいる」という。

 23日から11カ国20チームが集まった少年サッカー大会。愛知県一宮市から参加した一宮FCの小学6年生と韓国選抜チームとの試合中、観客席から「がんばれー」という声援が飛んだ。「慶州韓日親善交流会」のメンバー10人が、「イチノミヤ」という言葉や日本、韓国の国旗をあしらった横断幕を掲げ応援した。

 会は日本語を学ぶ市民講座のメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら