[PR]

 10月に開幕するプロバスケットボールBリーグに所属する三遠ネオフェニックスの新加入スタッフと選手が28日、本拠地の豊橋市役所を訪問した。新たにチームを率いるブライアン・ロウサムヘッドコーチ(HC)は「観客を巻き込むエキサイティングな試合を見せたい」とあいさつした。

 米国出身のロウサムHCは、選手としても指導者としても日本のチームに所属した経験がある。昨年はインドネシアでチームを優勝に導いた。

 新加入選手は6人。外国籍選手は200センチ超の3人を獲得した。206センチのデビン・イーバンクス選手(29)は昨季仏トップリーグの得点王。味方を生かしながら得点できる選手として期待されている。

 三遠は2季連続でチャンピオンシップ進出を逃している。鹿毛(かげ)誠一郎ゼネラルマネジャーは「身長があり、3点シュートも狙える選手が集まった。伝統の堅守速攻を磨き、勝負強いチームをめざす」と話した。