【動画】鉄工所で複数のタンクが冠水し、中に入っていた油が付近に流れ出した=堀英治撮影
[PR]

 28日に大雨に見舞われた佐賀県大町町(おおまちちょう)では佐賀鉄工所の工場から大量の油が周辺に流出した。石油類が入った油槽が水没し油が工場の外に漏れ、浸水した周辺の農地や住宅地、病院にも水とともに流れ込んだ。

 現場は県西部から有明海に流れる1級河川・六角川のすぐそば。県によると、この工場には最大1万リットルが入る油槽が複数置かれているが、すべて浸水した。

 工場から下流に約1キロにある順天堂病院と併設の老人保健施設にも油混じりの水が入り込み、上水道が止まっている。28日の午後も水が引かずに孤立状態が続き、入院患者110人、老健施設の入所者70人、出勤できた医師や看護師ら21人が建物内で避難している。

 近くの住民の女性によると、油が浮いた水が自宅の玄関まで入ってきているといい、「黒い油が広がり、においがきつい。水が引いた後は油の処理が大変だ」と話した。

 県によると、油の流出を防ぐために工場の周囲などにオイルフェンスが張られている。病院近くには毎秒7トンの排水能力のある農業用ポンプがあるが、油を川に流し入れることになるため稼働していないという。