[PR]

 岩国基地(山口県)を拠点とする米空母艦載機が24~27日、厚木基地(神奈川県綾瀬、大和市)に滞在し、神奈川県内を飛行した。朝日新聞の調べでは、最大で9機が同時に滞在。約60機の艦載機部隊が岩国への移駐を終えた昨春以降、多数の機体が滞在するのは異例だ。軍事上の運用ではなく、展示が目的だったとみられる。

 空母ロナルド・レーガンは、5月からの作戦航海を終え、8月24日に横須賀基地に帰港。空母とともに洋上展開していた艦載機部隊は23日までに、岩国基地へ帰還していた。

 関係者によると、空母は25日、乗組員の家族や友人を招待した「クルーズ」を実施。艦載機は、招待者向けに展示するため、伊豆大島沖で空母に着艦したという。前日から厚木基地に滞在していた機体は、この展示機と予備機だったとみられる。

 人口密集地にある厚木基地では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら