[PR]

 タレントの壇蜜さんは、小学生のときから「自分のにおい」にとりつかれているといいます。それは、着せ替え人形のジェニーちゃんに「いけないこと」をしたのがきっかけだと言いますが――。

 今の世の中、「無臭」がスタンダードな状態になっているのではないでしょうか。みんな無臭にした上で、自分の好きなにおいを足していっている。でも私は、そのスタンダードな状態にさえなれないのです。

 小学生の2年生のころ、「自分が汗くさいのでは」と思い始めました。当時、お友達ができなかったり、仲間に入れてもらえなかったりしたのは、他の人より汗くさいせいじゃないかと。本当はいけないんですけど、人形のジェニーちゃんの髪の毛を洗ってあげたことがあるんです。「人形の髪の毛はこんなにいいにおいなのに、もしかして私、ジェニーちゃんよりくさいのかな」と、ふとそう思った瞬間から、自分のにおいにとりつかれるようになりました。

■自分のにおい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら