[PR]

 ローソンは28日、全国の約1万3千店で前日に発売した「黒糖タピオカ」の販売を中止したと発表した。急速冷凍技術を使った「もちもちとした食感」が売りだったが、解凍したタピオカの中心が硬いと苦情が多数寄せられた。再開の見込みは立っていないという。

 ローソンによると、黒糖タピオカはレジで飲料を提供する「マチカフェ」向けで、アイスミルクティーなどと一緒に注文すると、店員が冷凍されたタピオカを電子レンジで解凍していた。1杯分の値段は税込み150円。

 しかし、マニュアル通りにやってもうまく解凍できない例が続出し、27日夜に販売を中止した。広報担当者は「予定していた仕様にならず、おいしくお召し上がりいただくことができないことが判明した。期待していただいていたお客様に申し訳ない」と話している。(神沢和敬)