[PR]

 韓国大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)・国家安保室第2次長は28日、日本政府が輸出手続きを簡略化できる優遇国「グループA(ホワイト国)」のリストから韓国を正式に外したことを受けて記者会見し、「強い遺憾の意」を表明した。日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟をめぐる経済報復措置だと改めて批判した。

 金氏は、安倍晋三首相がフランスのビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で記者団に、元徴用工問題などをめぐり韓国に対し「約束を守るよう求めていきたい」と述べたことなどを念頭に「安倍首相は韓国について『信頼できない国家』と言及し、敵対国と同様に扱っている」と主張した。

 また、「GSOMIA(ジーソミア〈軍事情報包括保護協定〉)を維持する名分はない」とGSOMIA破棄の責任は日本側にあると強調した。

 大統領府関係者は同日、大統領…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら