[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示をめぐり、ファクスで脅迫文が届いた事件で、名古屋地検は28日、愛知県稲沢市、無職堀田修司容疑者(59)を威力業務妨害の罪で起訴した。

 起訴状によると、堀田容疑者は2日、愛知県一宮市の店舗に設置されたファクスから、会場がある愛知芸術文化センター(名古屋市)の学芸員室のファクスに「撤去しろや!!」「ガソリン携行缶持って館へおじゃますんで~」などと書いた書面を送り、職員らの業務を妨害したとされる。

 芸術祭は1日に開幕したが、テロ予告や脅迫を含め抗議の電話やファクスが相次ぎ、企画展については開幕から3日で中止となった。堀田容疑者は7日に威力業務妨害容疑で愛知県警に逮捕されていた。