[PR]

 ヤフーは28日、運営するオークションサービス「ヤフオク!」やヤフーショッピングに象牙製品を出品するのを11月1日から禁止すると発表した。象牙の違法輸出の温床になっていると判断した。メルカリや楽天は17年にすでに象牙製品の出品を禁止しており、ヤフーも続いた形だ。

 象牙は1990年から、ワシントン条約で輸出入が原則禁止されている。アジアやアフリカでのゾウの密猟を防ぐためだ。国内取引についても米国は14年、観賞用などとして人気が根強い中国も17年に原則禁止した。

 一方、日本国内では、象牙を完全な形で扱う場合や事業として営む場合は政府に登録が必要だが、それ以外は特に規定がない。世界自然保護基金(WWF)ジャパンによると、日本のウェブサイトで買ったという象牙が中国に違法輸出されて摘発された例があるという。

 そのため、フリマアプリを運営…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら