[PR]

 28日午後1時20分ごろ、福岡市城南区別府5丁目の路上で「外国人らしき人が血を流して倒れている」と110番通報があった。県警早良署員が駆けつけると、男性が血を流して倒れており、病院に運ばれたが、その後死亡が確認された。男性の関係者が「知人間のトラブルで男性が刺され、男が逃げた」と話しており、県警が殺人の疑いで男の行方を追っている。

 県警によると、男性には刃物のようなものによる刺し傷があった。凶器は見つかっておらず、県警は男が凶器を持ったまま逃げているとみている。男は短髪で黒のタンクトップ、黒の短パン姿。黒っぽいスニーカーをはき、黒のリュックサックを持っていたという。