[PR]

 東芝が新事業を育てるため、日本人従業員1万人分の遺伝子データ収集を始めた。集まった遺伝子データを解析し、個々人の体質に合わせた病気の治療法や予防法を提供するのが目標。最終的に必要とされる数十万人分のデータ収集に向け、まずは「身内」の力で軌道に乗せる考えだ。

 東芝は「ジャポニカアレイ(日本人の配列)」と名づけ、東北大と共同開発した日本人向けの遺伝子情報解析ツールを使った新事業をめざしている。人間は30億個の遺伝子データを持つが、このうち日本人特有の66万個だけを解析すれば、従来のような高性能な機械が必要なくなり、より早く安く解析できるようになるしくみという。

 例えば、これまでは1人の解析には1カ月半、50万円の費用がかかっていたが、1カ月2万円で済むようになるという。

 事業化には数十万人分のデータが必要とみられる。そこで東芝は、第一段階として東芝グループに所属する日本人従業員から1万人分のデータを集めるため、7月から募集を始めた。同意した従業員から、7~8月の健康診断で採った血液や健康診断の結果の無償提供を受け、社内でデータベース化する。

 ただ、遺伝子データという「究…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら