[PR]

 トヨタ自動車とスズキが資本提携に踏み切った。軽自動車が主力で新興国に強いスズキは独立路線を守ってきたが、自動車は電動化や自動運転で巨額投資が必要になっており、生き残りのためトヨタとの結びつきを強める。自動車業界では今後、次世代技術の開発競争がさらに激しくなる。トヨタは新たな仲間を取り込み、競争に備える。

 2社は28日夕に資本提携を発表。発表文のキーワードは「自動運転」だ。「自動運転分野を含めた新たなフィールドでの協力関係を構築し深化させる」という。「新たなフィールド」は、「CASE(ケース)」とよばれる次世代技術。インターネットにつながる車(C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電動化(E)の英語の頭文字をとった造語だ。

 トヨタは1月、開発中の自動運…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら