[PR]

 今年7月に世界文化遺産になった百舌鳥(もず)・古市古墳群をPRしてきた大阪府堺市の公式キャラクター、ハニワ課長が28日、部長に昇進し、永藤英機市長から辞令を受け取った。CHO(チーフ・ハニワ・オフィサー)にも同時に就任し、今後、PRをともにする仲間を探していく。

 自称年齢1600歳。古墳で長く眠っていたが、5年前から市役所で「勝手に」働き始めた。「ドキドキしました。土器だけに」といった「微妙な」コメントで注目を浴びるようになり、世界遺産登録を目指す古墳群のPRにいそしんできた。

 待望の世界遺産登録が決まった7月には「辞令がほしい」とアピール。永藤市長が功績を認め、語呂合わせで「ハニワ」となる8月28日に晴れて市職員と認められることになった。

 辞令に加え、写真入りの名刺も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら