[PR]

 米マイクロソフトは29日、自社のマージャンAI(人工知能)「スーパーフェニックス」がトッププレーヤーに匹敵する成績を達成したと発表した。囲碁や将棋などに続き、対戦相手が3人いて運にも左右されるマージャンでも、AIはプロ並みに台頭してきた。

 上海市で開幕した世界人工知能大会で、同社上級副社長の沈向洋氏が明らかにした。スーパーフェニックスは3月、プロを含む33万人が参加する日本のオンラインマージャン対戦プラットフォーム「天鳳」に参戦。5千回以上の対戦を重ね、6月にAIとして初めて、現在12人しかいない上から2番目の「10段」の地位を獲得した。今後、最上位の「天鳳位」のプレーヤーと対局して、性能をさらに引き上げる構想もある。

 AIはこれまで囲碁やチェスな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら