[PR]

 米国防総省でアジア太平洋政策を統括するシュライバー国防次官補は28日、米戦略国際問題研究所で講演し、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)の破棄を決めたことについて、「韓国が再検討し、協定を更新するよう求める」と述べた。また、日韓両国に問題解決に向けた対話を呼びかけた。

 シュライバー氏は講演で「日韓の歴史的な論争や憎悪、政治的な相違を、軍事および安全保障上の協力に影響させるべきではない。米国は繰り返し、文在寅(ムンジェイン)政権の決定は日韓関係だけでなく、米国や他の友好国の国益にも悪影響を及ぼすとはっきりと言っている」と韓国を非難した。

 さらに、北朝鮮や中国、ロシアなどの動きに触れながら、「韓国の決定には、我々が北東アジアで直面する深刻な安全保障上の課題について、文政権の誤った認識が反映しているのではないかと懸念する。日米韓が強力で緊密な関係を維持することが、これまでにないほど重要になっている」と指摘した。

 シュライバー氏は講演後の質疑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら