[PR]

 千葉市の内装工、宍倉拓也さん(当時23)を殺害したとして男3人が千葉県警に逮捕された事件で、男の1人が当時の状況について「本当は自分がやることになっていたが、できなかった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は3人が以前から殺害を計画していたとみて調べている。

 逮捕されたのは、拓也さんの養父で同県八街(やちまた)市、内装会社社長宍倉靖雄(48)▽同県四街道(よつかいどう)市、彫り師佐中佑輔(31)▽住所不定、内装工金子栄司(50)の3容疑者。生命保険金を得る目的で、1月27日、千葉県富津市の岸壁から拓也さんを海中に転落させて殺害した疑いがある。捜査関係者によると、3人は保険金目当てに殺害を計画したことを大筋で認めているという。

 捜査関係者によると、事件当日の明け方、3人は拓也さんと浜金谷港で釣りを始めた。県警の任意の調べに、金子容疑者は自身が拓也さんを海に突き落とす役割だったと説明。だが「ためらいがあった」などとし、代わりに佐中容疑者が転落させたと話しているという。こうした計画は宍倉容疑者の指示に基づくものだったとも話しているという。

 一方、佐中容疑者は転落させる行為について「やっていない」と否定するなど供述が食い違う部分があり、県警は信憑(しんぴょう)性について慎重に捜査している。

■男性、体温奪う危険…

この記事は有料会員記事です。残り731文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り731文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り731文字有料会員になると続きをお読みいただけます。